歯医者さんでしか売っていない歯科専売品の歯ブラシってなに???

歯医者さんでしか売っていない歯科専売品の歯ブラシってなに???

歯が痛む

歯医者さんでしか売っていない歯科専売品の歯ブラシってなに???


 

今日は歯科専売品のなかでも歯ブラシについてお話します。時々患者さまから「歯医者さんに置いてある歯ブラシとドラックストアで販売している歯ブラシは何が違うの?」と尋ねられることがあります。


実は歯医者さんに置いてある歯ブラシは歯科専売品でありドラックストアやスーパーなどでは購入ができません。

市販品の歯ブラシと歯科専売品の歯ブラシの違いは何でしょうか?

 

まず市販品の歯ブラシですが、万人受けする設計になっており誰が使用してもある程度のプラークが除去できる構造になっていてJIS規格(日本工業規格)という国家規格をもとに製品がつくられています。
定められた条件をクリアしなくてはならないため歯ブラシの形状やヘッドの大きさ・かたさなどはいくつか種類がありますが毛先の長さなどは変更することができないのであくまで規格内での製品ということになります。

 

一方、歯科専売品の歯ブラシは規格に関係なく作ることができます。
そのため各メーカーが研究データをもとに様々な製品を作ることが可能です。
例えば【歯肉炎】【歯周ポケットが深い】【矯正中】【歯並びが悪い】など歯の特徴や歯肉の状態に合わせて選択できるように設計されているのです。

  メリット デメリット
市販品 ・価格が安い
・誰が使用してもある程度歯磨きができる
・CMなどで商品の認知度が高い
・ドラッグストアやコンビニなどで気軽に購入できる
・自分に合った歯ブラシを自分で選ばなければいけない
・使い方、選び方次第ではブラッシング効果半減
・浅く広い品揃え
歯科専売品 ・歯の専門家が“あなたの1本”を選んでくれる
・アドバイスにより効果的な歯磨きができる
・お口の状態や治療目的に合わせて使い分けられる
・品質、専門性に優れた商品が豊富
・歯医者さんでしか購入できない
・価格がやや高い
・使いこなすため多少の練習が必

 

“磨いている”と“磨けている”は違います。

 

こうしてみると歯科専売の歯ブラシにした方がいいのかと思われる方もいらっしゃると思いますが、市販の歯ブラシであっても現状のやり方で磨けていれば問題はありません。
ご自身にピッタリのものを選んで正しく使えるということが重要なのです。
当院では歯科専売品の商品を数種類販売しておりますが、歯科衛生士が患者さま一人一人の歯や歯茎の状態にあった歯ブラシ・歯磨き粉・フロス(歯間清掃用)をお勧めさせていただきます。

。口腔内の状態は変化していきますのでその時々にあった歯ブラシを選択するお手伝いが出来れば幸いです(^〇^)

 

気になっている方は、是非一度ご相談下さい。

  午前
10:00-13:00
午後
14:00-19:00
月〜金
× ×
  • 口臭測定のご案内
  • インプラントのご案内
  • 無料診断のご案内
  • ドクターズ・ファイル
Copyright ©2006-2021 Takabe-Dental Clinic .All Rights Reserved.