歯槽膿漏と口臭の原因について

歯槽膿漏と口臭の原因・検査について

歯槽膿漏と口臭の原因・検査について

口臭があるといわれたら、原因として虫歯や歯垢、歯石、歯槽膿漏、
舌苔(舌についた白い苔のようなもの)も考えられます。

特に歯槽膿漏は20代から徐々に免疫力が低下しはじめて、30代後半から増加します。

歯槽膿漏になると歯肉に膿が貯まり、歯周ポケット(深さ)が4mm以上になると
メチルメルカプタン(揮発性硫化物)や硫化水素が出るので、より強い匂いが発生します。

このにおいは強力で満員電車など込み入った所などではなんと、
半径1メートル以内の人が悪臭を感じるレベルになります。

まずは、口臭の原因がどこからきているかを検査することが重要です。

原因を知るためには、口臭の検査を行い、これらの臭いを感知します。


当院では、無料で検査を行えます。
詳しくはこちら!

  午前
10:00-13:00
午後
14:00-19:00
月〜金
× ×
  • 口臭測定のご案内
  • インプラントのご案内
  • 無料診断のご案内
  • ドクターズ・ファイル
Copyright ©2006-2019 Takabe-Dental Clinic .All Rights Reserved.