歯が折れた・欠けたについて。タカベデンタルクリニック。東京都新宿区の歯医者です

歯が折れた・欠けた

歯が折れた・欠けた

日々、様々なケースで歯が欠けた、歯が折れたという緊急のご相談を頂くことがあります。

歯が欠けてしまった、折れてしまった場合は、なるべく早い対応を行う事が重要で、さらなる悪化を防ぐことができます。


その際には、折れた歯や欠けた歯をドラッグストアで購入できる歯の保存液に漬けるか、牛乳などに入れて、その後すぐご来院ください。


抜歯になるライン、ケース

  1. 歯の根が割れてしまっている場合(歯根破折)
  2. 大きな膿が根の先に溜まってしまった場合(根尖病巣)
  3. 虫歯がひどく進行して歯が根だけになってしまった場合
  4. 重度の歯周病の場合
  5. 機能を果たしていない親知らず

虫歯の場合

歯に穴が開いていない状態です。
フッ素や唾液によって再石灰化させ歯を強くすることができます。
COの段階では痛みなどの自覚症状が無いため、定期的に歯科医院を受診することで虫歯の進行を防ぎましょう。

C1の段階であれば一回の治療で終わらせることが可能です。
しみるなどの症状が出る場合があります。

C2まで進行すると神経の手前まで虫歯は進行していきます。
しみる、痛いなどの症状を感じたら歯科医院を受診しましょう。

C3まで進行すると神経までの治療も必要になります。
治療回数も増えますし、神経を抜いてしまった歯は脆くなってしまい、根っこが割れてしまう可能性が高くなるため歯の寿命は大幅に短くなってしまいます。

C4まで進行してしまうと歯の原型はなくなってしまい、神経が死んでしまっているケースがほとんどです。そこから細菌が感染して化膿し、それが口臭の原因になることもあります。
しっかりと噛めるようにするためには長期にわたる治療が必要です。

歯が欠けてしまった、折れてしまったという場合は、いち早い診療が必要です。

その歯だけではなく、周辺の歯も含めて、その後の歯の状態にも大きくかかわってきてしまいます。

折れてしまったけど、時間のある時!にと考えず、いち早くご来院ください。

  午前
10:00-13:00
午後
14:00-19:00
月〜金
× ×
  • 口臭測定のご案内
  • インプラントのご案内
  • 無料診断のご案内
  • ドクターズ・ファイル
Copyright ©2006-2019 Takabe-Dental Clinic .All Rights Reserved.