新宿で口臭測定,口臭治療や無料チェックを実施中.タカベデンタルクリニック

医院案内・診察時間無料検診診療科目院長・スタッフ紹介アクセスお問い合わせ
歯が折れた・欠けた

日々、様々なケースで歯が欠けた、歯が折れたという緊急のご相談を頂くことがあります。

歯が欠けてしまった、折れてしまった場合は、なるべく早い対応を行う事が重要で、さらなる悪化を防ぐことができます。

更なる虫歯の原因、口臭の問題、咬み合わせの歯等周辺の歯への影響もあります。

まずは応急処置として、診療を受けることをお勧めいたします。

その際には、折れた歯や欠けた歯をドラッグストアで購入できる歯の保存液に漬けるか、ポカリスエットなどに入れて、必ずお持ちください。

保存液等に漬けて保存していただいたとしても、時間が経過する程、折れたり、欠けた歯の状態はどんどん劣化します。早ければ早いほど再植の可能性も高まりますので、早めにご来院の上、ご相談ください。
 

○【損傷の場合】

(転んだりして歯が折れた場合)

小さく欠けた場合は削って、コンポジットレジンという白いプラスチックを詰めます。

大きく欠けてしまった場合は、欠けた歯を歯科用接着剤を使用して、再接着いたします。難しい場合は、歯型を取り、かぶせ物を装着します。

根元から折れた場合は、歯を支えることができるなら、残っている歯を使用して被せ物をします。または、両隣の歯を土台にして義歯を付けるブリッジを行います。欠けた部分が大きければ抜歯します。歯が欠けただけでなく縦に大きく割れた場合も、ほとんどが抜歯となります。歯がなくなったところはインプラントやブリッジ、入れ歯でまかないます。


○【虫歯の場合】
歯の内部がスカスカになって欠けやすくなります。歯が欠けるほどもろくなっているということは、虫歯がかなり進行している状態です。小さくかけていくこともあります。

早めの治療で、それ以上の欠けることがなくなりますので、早めにご来院ください。
口臭の原因にもなります。

根元から完全に折れてしまった場合も必ず保存液もしくは、ポカリスエットに入れて、歯をご持参下さい。
神経の治療から必要とするケースもあります。
歯を再接着出来るかどうかを診断の上、治療方針を決めていきます。

放置が長くなると、再接着が難しくなりますし、周辺の歯への影響が出てしまします。


○ 歯が欠けてしまった、折れてしまったという場合は、いち早い診療が必要です。

その歯だけではなく、周辺の歯も含めて、その後の歯の状態にも大きくかかわってきてしまいます。

折れてしまったけど、時間のある時!にと考えず、いち早くご来院ください。

 

Copyright (C) 2017 新宿の歯医者:タカベデンタルクリニック.All Rights Reserved.
タカベデンタルクリニック